【2023年】着る毛布・人気商品の選び方のポイント

くらし
この記事は約49分で読めます。
記事内には、プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

冬の寒さに負けないウォームビズに興味ありませんか?

そんなあなたに、冬の光熱費を節約するアイテムの「着る毛布」をお勧めします。

寒がりな人にとって、着る毛布は暖房器具の代わりになる神アイテムになるでしょう。

しかし、どのメーカーや素材がいいのか?

サイズや効果やデザインはどう選ぶのか?

洗濯できるのか?

など悩みませんか?

そこで、この記事では購入前のあなたの悩みの解決に役立つ情報をお届けします。

これらの情報を参考にして、自分にぴったりの着る毛布を見つけてくださいね。

目次から、興味のあるところにジャンプできます✨

スポンサーリンク

着る毛布がおすすめな人

「着る毛布」とは、毛布生地でつくられた部屋着のことです。

毛布を着たまま動けるのが魅力です。

暖房が効いてない場所や時間帯に効果を発揮します。

暖房器具の設定温度を下げて、暖房費の節約したい人におすすめです。

寝相の悪い子供にも、ピッタリの商品です。

最近は、シックでお洒落なデザインも多く、あなた好みの物もきっとあります。。

着る毛布の選び方の3つのポイント(サイズ・形状・素材)

必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

それは、サイズ・形状・素材の3点です。

結論

素材は、プレミアムマイクロファイバーがおすすめです。

フリース素材のポリエステルの一種です。

理由は簡単に洗濯ができて肌触りが良いからです。

あとは、あなたが着る時間帯、身長や目的、好みやご予算に合わせてチョイスしましょう。

1. サイズを選ぶポイント

着用する時間帯の行動目的によって使い分ける

コートのように長い丈のものや、ジャケットような短いものがあります。

着用する時間により行動は様々でしょう。

あなたは、朝の寒さと夜の寒さのどちらの寒さ対策として購入したいですか?

ミディアム丈(110~130cm程度)

起き掛けバタバタする朝には、ミディアム丈がぴったりです

裾が床につかない短い丈ものが多く販売されています。

暖房が効くまでの朝一の家事時間や出勤前や登校前の着替える前の時間に着用するなら脱着がしやすいからです。

足元が寒いと感じる場合は、厚手のスリッパや保温靴下をはいて対応しましょう。

ロング丈(150〜200cm程度)

夜間のパソコン作業や、受験勉強には、ロング丈が保温性がありおすすめです。

足先まで温めることができるのが魅力です。

ゆっくりとくつろぐ夜には最適です

しかし、歩くときに引きずりやすいため移動しにくいのがデメリットです。

2. 形状を選ぶポイント

着る毛布には、大きく分けて3つの形状があります。

✅ガウン(ロング丈とミディアム丈)

✅ポンチョ

✅パーカー

それぞれに違った特徴があるため、自分好みの形状を選んでください。

ガウン型

着重ね合わせるだけなので脱着が簡単

ウエスト部分をヒモで結んで着られたり、紐である程度の丈感を変えられます。

重ね合わせることで調節しやすいので体型を選びません。

ガウンは胸元が開きやすいので、大きすぎないサイズを選ぶのがベターです。

自分の腕の長さに合うものを選択してください

ポンチョ型

ポンチョ型は、留め具がなく、頭からかぶるだけで着られるので、着脱が簡単です

移動することが多い人、動き回る子供に向いています。

ポンチョは保温性において他のタイプよりも見劣りします💦

しかし、移動しやすさは№1でしょう🏆

寒さに弱い人は、生地の厚いタイプにしましょう。

ポンチョも、丈にはロングとショートがあります。

ロングタイプが人気あるようです。

パーカー型

パーカー型は、フードやポケットなどが付いていることが多いです。

お洒落な雰囲気なので、普段着としても使えます。

一枚でコーディネートが決まるので、おしゃれに気を使う人にもおすすめです。

パーカー型は、フードで頭部、ポケットで指先を温められます。

比較的フィット感が高く、体温を逃しにくいです。

3. 素材の選ぶポイント

着る毛布の素材は、暖かさ肌触りに大きく影響します。

素材ごとの特徴を把握しておきましょう。

フリース素材

フリース素材は、化学繊維から作られた起毛した生地です。

メリット

  • 軽くて暖かくて乾きやすい
  • 毛玉ができにくく、耐久性が高い。
  • 汗対策にも優れています。
  • 肌触りが柔らかくて気持ちよい。

デメリット

  • 静電気が起きやすい
  • 火に弱く溶けやすい
おやじ
おやじ

静電気防止スプレーとセットだと心強いですよ

フランネル素材

フランネル素材は、綿やウールなどの天然繊維から作られた起毛した生地です。

メリット

  • ふわふわで肌触りがよくて暖かい。
  • 吸湿性や通気性が高く、ムレにくい。
  • 肌に優しい素材なので、敏感肌の人にもおすすめです。

デメリット

  • 毛羽立ちやすく、毛玉ができやすい
  • 洗濯すると縮みやすいので、洗濯方法に注意。
おやじ
おやじ

洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて弱水流で洗うのがベターです。

ボア素材

ボア素材は、毛足の長い起毛した生地です。

メリット

  • ふわもこで高級感があって暖かい
  • 軽くて柔らかくて肌触りがよい
おやじ
おやじ

見た目にも華やかさをプラスできる素材なので、おしゃれにこだわる人にもおすすめです。

デメリット

  • ボア素材は毛抜けや色落ちしやすい
  • 値段が高いものが多い
  • 手入れに手間がかかる
AIロボ
AIロボ

毛抜けや色落ちが気になる人は、洗濯前に水に浸けておくとよいでしょう。

着る毛布のおすすめ人気メーカー3選

人気商品の共通点は、肌触りがよくて丸洗いできるものが売れ筋です

ニトリ:コスパ抜群で豊富なデザイン

ニトリの着る毛布もコスパ抜群で、豊富なデザインやサイズが揃っています。

シンプルな無地から、柄物やキャラクターものまで、好みに合わせて選べます。

ニトリの着る毛布は、素材や機能性にもこだわっています。

例えば、「すっぽり収納着る毛布」は、暖かさと軽さを両立したマイクロファイバー素材で作られています。

ニトリの着る毛布は、洗濯機で丸洗いできるものが多く、衛生的に使えるのも嬉しいポイントです。

また、収納袋が付属しているものもあります。

使わない時期にはコンパクトに収納できますよ。

ニトリの売れ筋商品

すっぽり収納着る毛布

Mofua(モファ):毛布が大人気

mofuaは、韓国のお布団「イブル」をモチーフにした毛布や、ベビーまくら、抱っこふとんなどの寝装品を提供するライフスタイルブランドです

mofuaは、毛布がとても良質で人気があります。

『伝説の毛布』と素材が同じで売り切れになるほどの人気商品です

Mofua(モファ)とは、マイクロファイバーわたと、超極細繊維のニット生地素材からできていて、ふわふわのもちもちした触感が人気の商品になります。

エコテックススタンダード100認証製品になりますので、低ホルムアルデヒド仕様で、お子様にも安心してお使い頂けます。

素材としては、ポリエステル100%です

https://mame-gurashi.net/mofua まめレポより

そのモファが発売した着る毛布なので生地質には期待できますね。

伝説の毛布について詳しく調べた記事はこちら⇩⇩

バウヒュッテ:ゲーマー向けの機能性抜群の着る毛布

バウヒュッテは、ゲーミングチェアやゲーミングデスクなど、ゲーマー向けの家具やグッズを提供する近年人気のメーカーです。

着る毛布もゲーマーのニーズに応えた機能性抜群のものがあります。

バウヒュッテの着る毛布は、「ゲーミング着る毛布」という名前で販売されています。

手先が冷えない工夫がゲーマーらしい工夫です。

詳しい記事はこちら⇩⇩

着る毛布のお手入れ方法:洗濯や保管のコツ

着る毛布の素材は、主に以下の3種類があります。

  • アクリル
  • ポリエステル
  • マイクロファイバー

着る毛布の素材別に手入れ方法は、これから教えますね。

アクリル

アクリルは、熱に弱く、洗濯機や乾燥機で洗うと縮んだり傷んだりする可能性があります。

【洗濯の注意点】

  • 洗濯表示を確認して、手洗いかドライクリーニングかを判断します。
  • 手洗いする場合は、ぬるま湯に中性洗剤を溶かして押し洗いします。(こすったりねじったりしないでください)
  • すすぎは2~3回行って、水分を絞ります。(脱水機は使わないでください)
  • 平らな場所に平らに広げて陰干しします。(乾燥機や直射日光は使わないでください)

ポリエステル

ポリエステルは、静電気が起きやすく、汚れが付きやすいという欠点があります。

【洗濯の注意点】

  • 洗濯表示を確認して、洗濯機で洗えるかどうかを判断します。
  • 洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れて中性洗剤と柔軟剤を使って通常コースで洗います。
  • 手洗いする場合は、ぬるま湯に中性洗剤を溶かして押し洗いします。(こすったりねじったりしないでください)
  • すすぎは2~3回行って、水分を絞ります。(脱水機は使っても大丈夫ですが、短時間にしてください)
  • 平らな場所に平らに広げて陰干しします。(乾燥機や直射日光は使わないでください)

マイクロファイバー

マイクロファイバーは、摩擦や熱に弱く、毛玉や色落ちが起きやすいという欠点があります。

洗濯の注意点は、ポリエステルとほぼ同じです。手入れに難があるのが欠点ですね。

しかし、近年プレミアムマイクロファイバーが開発され洗濯丸洗いオッケーになりました。

AIロボ
AIロボ

プレミアムマイクロファイバーは、人気№1の素材です。

きれいに洗って、快適にお使いくださいね。

まとめ(比較図解)

着る毛布の形状比較図

保温性移動性使用時間
ロング
コートタイプ
夜時間
ハーフ
ジャンパータイプ
朝時間
ポンチョタイプ
パーカータイプ
オール

素材比較図

保温性長所洗濯欠点
フリース素材
(ポリエステル)
軽い静電気が
起きやすい
ボア素材
(アクリルやウール)
(マイクロファイバー)
お洒落
高級感

(手洗い)
毛抜け
色落ち
フランネル素材
(綿素材を起毛加工)
吸湿性
通気性

(水洗い)
毛羽立ち
毛玉

結論

AIロボ
AIロボ

素材は、フリース素材(ポリエステル)がおすすめです。

理由は簡単に洗濯ができて肌触りが良いからです。

あとは、あなたが着る時間帯や好みに合わせてチョイスしましょう。

着るこたつと着る毛布の比較記事です⇩⇩

おやじ
おやじ

こたつより毛布のほうがリーズナブルです。

この記事についての意見や悩み、疑問、質問などがありましたら、ご自由にコメント欄に投稿して下さい。

※いただいたコメントは全て拝見し真剣に回答させていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント