【2023年】サンコー着るこたつ「こたんぽ」のメリットとデメリット調査

サンコー『こたんぽ』 くらし
この記事は約5分で読めます。
記事内には、プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

近年の物価上昇・電気・ガス代の値上げにお困りではありませんか?

去年の電気代高いと思いませんでしたか?

今年の冬は、ウォームビズをすることで光熱費を節約しませんか?

そんなあなたにおすすめの商品があります。

それは、サンコーの着るこたつ「こたんぽ」です。

この記事を読めば、「こたんぽ」のメリットとデメリット、口コミがわかります。

購入前の情報収集にお役立てください。

おやじ
おやじ

サンコーさんは、アイデア家電の有名メーカーです。

メディアにもよく取り上げられるオリジナリティーある家電会社です。

画像はサンコー公式ページより引用

スポンサーリンク

サンコー着るこたつ「こたんぽ」とは

「こたんぽ」とは、サンコーが販売する着るこたつの一種です。

従来のこたつと異なり、足元から胸元までを覆うように着用するタイプのこたつです。

歩くことのできるコタツとして注目されました。

冬場の家庭内での暖房器具として人気があります。

サンコー着るこたつ「こたんぽ」のメリット

  • 節電・節約になる(電気代がこたつの半分以下)
  • 温度設定が、約38度、約42度、約45度、約48度、約52度、約55度の6種類もあり、 タイマーは、30分、60分、90分、120分の4種類もあり自分に合った使い方ができる。
  • 他社の着るこたつと比較しても高い保温性能(特に足元の保温性は抜群です)
  • 家事や移動中も暖かさをキープできる
  • 寒い部屋での勉強やパソコンを使う作業やゲームには最適です
AIロボ
AIロボ

特に、受験生におすすめです。

画像はサンコー公式xのポスト@thanko_webより引用

足元のあったかさと電気代の安さが魅力です

サンコー着るこたつ「こたんぽ」のデメリット

  • 通常の洗濯はできません。(ヒ-ターを外す、手洗いのみ、漂白剤が使えないなど手間がかかります)
  • 歩きにくい。(コンセントを外さなくてはならない)
  • 家事をこなすには、すこし動きにくい。
  • コントローラーの表示が分かりにくい。(細かい設定ができますが、慣れるまでは不便)
  • トイレなどの時、脱着に少し手間がかかる💦

サンコー着るこたつ「こたんぽ」と他社製品との比較

他社製品と比較しても、サンコー着るこたつ「こたんぽ」は高い保温性能を誇り

チャックとドローコードで着脱が簡単で、足元のヒーターが冷え性に効果的です。

サンコーの着るこたつ「こたんぽ」は、足先まであったかく保てる点が特徴的です。

パワーはありますが、収納には(他社と比較して)場所をとってしまいます。

他社のものは、お腹や背中にヒーターが付いている着る電気毛布タイプがほとんどです。

手足の保温効果は少ない分、動きやすいメリットがあります。

おやじが参考にしたブログを紹介します。

冬の電気代エアコンと比較

エアコンの消費電力が700 W(0.7kW)、1時間あたりの電気料金単価が27円/kWhの場合は、1時間にかかる電気代は約18.9円。1日6時間、毎日(30日)使う場合の電気代は、3,402円となります。

こたつは暖房器具の中で、比較的電気代が安く済むうれしいアイテム。

消費電力が300Wのこたつであれば、1時間の使用で8円。エアコンの半分以下なので、寒いときは1度あげるよりも、こたつで過ごすといいかもしれません。

https://haier.co.jp/story/

少し古い情報ですが、エアコンは、1時間18円・こたつは、1時間8円

そして、こたんぽの電気代は1日9円!!!

画像は、サンコーメルマガ(サンマガ)より引用

冬の3ヵ月~4ヵ月間、エアコン使ってたら一か月¥3,600~4,000円かかることを計算すると

ワンシーズンで元がとれる計算です!

サンコー着るこたつ「こたんぽ」の口コミ

面白いポスト発見しました

ペットを飼っているご家庭では保管場所や方法には注意がいります💦

悪い口コミ

  • 「こたんぽ」を着たまま立つ場合は、こたんぽ自体の重さがそれなりにあるので、少し下にずれてしまいます。
  • こたんぽの洗濯については、ヒーターを外して手洗いになります。洗濯機は使えませんが、頻繁に洗わなければそれほど問題にはならないかと思います。
https://review.kakaku.com/review/K0001405155/

良い口コミ

  • 「こたんぽ」は、高保温性能フリースで袋状になっており、すっぽり包まれていて熱が逃げにくいのがいいですね。
  • ヒーターが入っている部分は、体を入れる部分とは、わかれていて直接触れないようになっていました。ヒーターの最大の温度は、55℃で、前作より10℃高くなり、評判通りしっかりと温かさを感じることができました
  • 着るこたつ「こたんぽ 2022年版」は、最大温度が10℃高くなり、節電にもつながる可能性があります。また、在宅ワークにもおすすめです。
https://yarushiraberu.com/kotanpo-krkttksbw/

※口コミを乗せるには規約があるため引用のみとさせ頂きます

「マツコの知らない世界」「Nスタ」など大手メディアにも取り上げられています

(2022・サンマガより抜粋)

まとめ

サンコー着るこたつ「こたんぽ」は、節電・節約対策やウォームビズ対策に有効な暖房器具です。こ

他社製品と比較しても高い保温性能を誇りますが、歩きにくさやコントローラーの使い勝手がイマイチだと感じる方もいます。

しかし、冬の真夜中に勉強したり、パソコンを使う時にはエアコン要らずに作業できます。

お一人様最強の節電暖房器具です

歩けるこたつ『こたんぽ』欲しくありませんか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング
人気ブログランキング

この記事についての意見や悩み、疑問、質問などがありましたら、ご自由にコメント欄に投稿して下さい。

※いただいたコメントは全て拝見し真剣に回答させていただきます。

コメント