サブスク『ガレイド・ウォーターフロス』と市販商品購入時のコスト比較

サブスクウォーターフロスの価格調査 オーラルケア
記事内には、プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

日本人の40%が歯周病で歯を失ってます

歯周病は、痛みがないので気が付きにくいため注意が必要です。

歯周病は、歯茎をきれいにしなくては予防できません。

歯ブラシの他にデンタフロスが必要です。しかし、このデンタフロス時間も手間もかかり苦手な人も多いはずです。

ウォーターピックを使い簡単に歯周病予防しませんか?

この記事を読めば、死ぬまで自分の歯で物を食べることができる可能性がアップすること間違いありません。

おやじ
おやじ

ウォーターピック、ウォーターフロス、ジェットウォッシャー、口内洗浄機と呼び名は色々ですが高圧水流超音波水流で洗浄で洗浄する歯ブラシの補助器具です。

性能によりお値段も様々です。

消耗品の維持費もかかるし、自分に合うかわかりません。

お試しに安くて良い物をレンタルできないか調べてみました。

ドクターA
ドクターA

日本人が歯周病が原因で歯を失う確率は、約40%です。

(2015年、厚生労働省が行った調査結果)

歯周病で、歯を失えば差し歯や入れ歯になります。

治療費は、高額になり健康寿命が短くなると言われてます。

それに比べれば、格安の健康資産への投資です。

ぜひ、購入してケアをして下さい。

インフレが進む今現在、自分に合うかわからない高額商品に躊躇する気持ちよくわかります。

この記事を読めば、購入するよりも安くお試しできる方法がわかります。

最近流行りの、ササブスク(サブスクリプション)について調査しました。

サブスクリプション(subscription)とは、一定期間にわたって商品やサービスを受けられるように契約する仕組みです。

月額制や年額制など、一定期間ごとに料金を支払い、その期間中は商品やサービスを利用することができます。

サブスクリプションのメリットは、商品やサービスを必要なときに必要なだけ利用できることです。

また、購入するよりもコストを抑えることができる場合もあります。

スポンサーリンク

サブスク ガレイド ウォーターフロス (2023・9)

画像は、公式ページより引用

AIロボ
AIロボ

日用品のサブスクのGALLEIDOから新しく『GALLEIDO WATER FLOSS』が誕生しました。

このサブスクでは、ウォーターフロスが本体無料ではじめられます。

まずは、体験してから購入するか考えるもいいでしょう。

年々進歩するウォーターピックを購入するのはコストがかかりリスクもあります。

個人の満足度は、様々です。予算と満足度のバランスを試すのにサブスクは適役でしょう。

ガレイドは、最近『月額300円の電動歯ブラシサブスク』でSNSを中心に話題になったメーカーです。

電動ブラシとセットで使うのもおすすめです。

2023年9月現在、利用者70000人のデンタルメンバーが、ウォーターフロスを勧めています。

ウォーターフロスは、水圧の切り替えが5モードあります。

おやじ
おやじ

水圧の調整は、歯茎のためにも調整幅が多い方がいいです。

自分に合った水圧で使うことが大切です。

強すぎると歯茎を傷めます。

  • SOFTモード(歯と歯茎が敏感な初心者むきの最も弱くやさしい水流)
  • STANDARD(標準的なノーマルモード・普通の手入れ用)
  • VIGOROUS(歯周ポケットや歯間の汚れを強力に除去するときに使うパワフルな水流)
  • MASSAGE(一定のリズムで水圧が変わり歯茎をマッサージ)
  • SPOTSPRAY(ボタンを押すとワンショットの水がでます)

ウォーターフロスの水流は、超音波水流ではありません。

高圧水流での洗浄です。それでも、効果は十分です。(使用者のコメント参照)

サブスク・ガレイド ウォーターフロスの料金プラン

サブスク・ガレイド ウォーターフロスの料金プランを選択できます。購入することもできるので、自分の目的に合ったコースを選択しましょう。

サブスクプランの場合、フロスピック(フロスの先端)が一定期間ごとに届くので、ピックを交換しながら長く衛生的に使用することができます。

また、サブスクプランの場合、本体無料なのでフロスピックの料金しか掛からないため、初期費用を抑えて始めることができます。

AIロボ
AIロボ

サブスク利用の場合、本体永久保証(故障した場合、無償交換できる)

これが、ウォーターピック初心者にはありがたいです。

本体の防水機能に自信がある証拠でしょう。

サブスクのコース別料金プラン

項目購入サブスクサブスク
プラン名スタンダードプランエコノミープラン
内容本体+ノズル4本2カ月でノズル2本
本体無料
4カ月でノズル2本
本体無料
料金3,980円1,100円
550円/月
1,480円
370円/月

※サブスクの場合、最低回数は4回です。4回未満で解約した場合手数料2,980円かかります

おやじ
おやじ

スタンダードプランなら、最低でも8ヶ月

エコノミープランなら最低でも16ヵ月(1年4ヶ月)

は、使わないと違約金手数料¥2980円かかるのが注意点です。

ジェットウォッシャー販売価格調査(2023.8)

認知度の向上からか、競争激化のためか市販商品の値下げが著しいです。

2023,7の時と比較して商品の平均価格が値下がりしてます💦

そして、売り切れ続出した商品とよく似た商品がたくさん並んでます。

かつて、主流だった大型タンク式は姿が見えません💦

有名メーカーでなければ、¥4000~6000円位からあります。しかも、性能はそれなりによさそうです。

売れ筋の商品は、¥10000円くらいからあります。パナソニックのドルツも値を下げてきてます。実績から一番安心な商品です。以前は、17000円位していました。(旧モデル)

最安値のジェットウォッシャーを見つけました。1000円以下です💦

あまり聞いたことないメーカーですが、この激安価格は魅力です。

家族で使用する場合のノズルの消費基準

エコノミープランから計算すると、メーカーのノズル消費期間は、1本で2ヶ月です。

スタンダードプランなら、二人でノズルを一つずつ使えます。

家族で共有して使うのは効率的です。

ノズルの本数が多いものを購入することをおすすめします。

ちなみに、ガレイドウォーターフロスの場合ノズルのみの購入はできないことも注意点です。

契約時の注意点

繰り返しになりますが、違約手数料のことを忘れないようにして下さい。

最低限使用期間トータル金額もらえるノズルの数一日あたりの金額
スタンダードプラン8ヶ月¥4400円8本18円
エコノミープラン16ヶ月¥5920円8本12円
おやじ
おやじ

毎年新型が発売されるので、サブスクで様子見するにはコスパ的にいいと思います。

ポイントは、ノズルの消費頻度ですね。家族で使うならノズルに余裕があるスタンダードプランをお勧めしている記事もありました。

ジェットウォッシャーとウォーターフロスの違い

ジェットウォッシャーとウォーターフロスは、どちらも水を噴射して歯周ポケットの汚れを除去する口腔洗浄器です。

ジェットウォッシャーはウォーターフロスよりも水圧が強く、歯垢や歯石をより効果的に除去することができます。

また、ジェットウォッシャーはウォーターフロスよりもノズルの種類が豊富で、歯の形状や状態に合わせて使用することができます。

AIロボ
AIロボ

ジェットウォッシャーは、超音波水流で洗浄するものが多いです。

水圧が、強めなので洗浄力が強いです。値段もその分高めです

ウォーターフロスは、高圧水流で洗浄します。洗浄力はすこし落ちますが

その分、値段は安めです

どちらにしても、歯周病予防には効果あることには変わりありません。

ドクターA
ドクターA

ウォーターフロスだけでは洗浄不十分な理由があります。

バイオフィルムに付着した食べかすは、ブラッシングしないととれません。

ブラッシングが届かない所(奥歯のサイドポケット、歯と歯の隙間など)のケアとしてフロスが有効なのです。

プラークが硬化した歯石には、ウォーターフロスでは不十分なのです。

歯石は、歯医者で除去してもらい歯石になる前のプラークをウォーターフロスでとるのがおすすめです。

最近人気のジェットウォッシャーは、電動ブラシとウォーターフロスがセットになったものです。

しかし、一番大切なことは正しいタイミングで正しいブラッシングをすることです。

正しいブラッシングについては、多くの歯医者さん動画でアップされているので見て下さい。

サブスク・ガレイド ウォーターフロスのレビュー記事

良い評価のレビュー記事

「使用して効果があるの?」というところだと思いますが、こちらは問題なく効果あり!でした。

私と妻で2人とも使っているのですが、どちらともその効果を実感しています。

特に私は歯並びが非常に悪く、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい&歯ブラシでは取り切れないというのが悩みでした・・。

ところが、このウォータフロスを歯磨き後に使用したところ、隙間に挟まっている食べかすを見る見る取ることができました!

また、使用後は今までの歯磨き後より確実に、歯と歯の隙間を感じることができるようになりました!

これは、恐らく利用した方にしかわからない感覚ですが、ぜひ皆さんに味わって欲しいです。

私ほど歯並びが悪くない(何ならめちゃくちゃ歯並びがキレイな)妻も同じ感想だったので、歯並びの良い悪いに関わらずオススメできる充分な洗浄力だと思います!

ハンディタイプで、ウォーターフロスにしては場所を取らないタイプになっているので、取り回しも良くどこでも置けるようになっています。

この辺りのシンプルな使用感と大きさ、それからこの値段なので、やはりウォーターフロスデビューにはもってこいの一品だと思います。

https://heibonzin.com/waterfloss-osusume/平凡人さんのブログより抜粋

悪い評価のレビュー記事

  • 最初、水が出せずに手こずった(スタートのやり方が説明書に書いていない)
  • ノズルがきちんと奥まで刺さっているのか、分かりにくい(説明書通りにやれば問題なし!)
  • タンクが小さく、途中で水の追加が必要(慣れれば途中で追加しなくても大丈夫になる!)
  • 自分も周りもビショビショになる(慣れれば飛び散らなくなる!)
  • 歯のザラザラは取れない=歯みがきが必要(他のウォーターピックも同様)
https://okakosodate.com/galleidofloss/ぬーちゃんブログより抜粋

まとめ

サブスクでお試しするのも縛りがあるので、最低でも¥4400円かかります。

安定した品質の商品なのではずすことはないでしょう。

しかし、今現在(2023.8)の値下げ幅ならば、同じ価格ぐらいで購入できるので迷うところです。

安い無メーカーのものだと水流が適切でない物もあるので、外したくない方は1万円は覚悟して欲しいと動画で歯医者が言ってました。

サブスクの縛りを考慮して購入するのとどちらがいいかはあなた次第です。

どちらにしても、後悔しないように情報収集はしておくことをお勧めします。

どちらを選んでも、オーラルケアをするならあなたの未来は歯周病にならないでしょう。

生涯、自分の歯で食事したいものですね。

この記事についての意見、疑問、質問などがありましたら、ご自由にコメント欄に投稿して下さい。

※いただいたコメントは全て拝見し真剣に回答させていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント