フッ素禁止のスウェーデン、フッ素入り歯磨き粉は 危険なのか?!

オーラルケア
記事内には、プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク
おやじ
おやじ

スウェーデンは、国をあげてむし歯予防に取り組みました。そのため、世界トップレベルの口内環境を誇ります。

スウェーデンのフッ素禁止は、世界的な議論を呼んでます。

日本では、フッ素入り歯磨き粉は奨励されてます。

この記事を読めば、フッ素にたいする不安が薄まるでしょう。

子供と大人では、違いがあるので注意が必要です。

結論

フッ素入り歯磨き粉は、量さえ守ればメリットしかありません。

水道水にも含まれる地域があるので確認して過剰摂取に気を付けて下さい。

スポンサーリンク

スウェーデンでフッ素の使用が中止された理由

フッ素が健康に害を及ぼす可能性があるという懸念から、
スウェーデンは、1970年代にフッ素を水道水に添加することを禁止しました。

しかし、フッ素の安全性については、現在も議論が続いています。

スウェーデンとフッ素禁止の歴史とその背景

1985年には、スウェーデンの歯科医師会がフッ素添加の水道水に対する懸念を表明し、フッ素添加の歯磨き粉の使用についても検討が行われました。

主な懸念は、フッ素の過剰摂取による歯の変色や歯の健康への潜在的な影響でした。

1992年には、スウェーデン国会がフッ素添加の水道水を禁止する法律を可決しました。

この法律により、スウェーデンでは水道水へのフッ素添加が禁止されました。

これは、フッ素が健康に害を及ぼす可能性があるという懸念からでした。

スウェーデンでは、フッ素入り歯磨き粉の使用も一般的ではありません。

フッ素入り歯磨き粉は、スーパーマーケットやドラッグストアで販売されていますが、フッ素なしの歯磨き粉の方が人気があります。

スウェーデンでは、むし歯の発生率が低いことが知られています。

スウェーデン人が歯磨きやデンタルフロスなどの歯の衛生習慣が行き届いているためと考えられています。

スウェーデンの学校では、子供たちに歯の健康について教育を行っています。

フッ素禁止の背景には、スウェーデンの健康政策の特徴や個人の自己決定権の重視が関与しています。

個々の人が自身のフッ素摂取量を管理できるような環境を整えることが重視されており、医療の個別対応や自己決定権の尊重が反映された結果と言えます。

フッ素の過剰摂取の危険性

ドクターA
ドクターA

フッ素の安全性については、現在も議論が続いています。一部の研究では、フッ素が健康に害を及ぼす可能性があると指摘されています。しかし、他の研究では、フッ素がむし歯の予防に効果的であると示されています。

スウェーデンでは、フッ素の安全性についてまだ結論が出ていません。そのため、フッ素入り歯磨き粉の使用については、個人の判断に委ねられています。

フッ素の過剰摂取には、以下のような危険性が存在します:

  1. 歯の変色: フッ素の過剰摂取は、歯の表面に茶色や白い斑点のような変色を引き起こす可能性があります。これは、フッ素が歯のエナメル質に蓄積し、歯の外観に影響を与えることが原因です。
  2. 歯の損傷: 長期間にわたるフッ素の過剰摂取は、歯のエナメル質を脆くする可能性があります。これにより、歯の表面が割れやすくなり、虫歯や歯の磨り減りなどの問題が生じる可能性があります。
  3. 骨の健康への影響: 長期間にわたる高濃度のフッ素摂取は、骨の健康にも悪影響を与える可能性があります。特に、骨の密度の低下や骨折のリスクの増加が報告されています。
  4. 腎臓の問題: 高濃度のフッ素摂取は、腎臓への負担を増やす可能性があります。一部の研究では、長期間にわたるフッ素の摂取が腎臓結石の形成に関連している可能性が示唆されています。

以上のような危険性は、フッ素の過剰摂取が継続的で長期間にわたる場合に生じる可能性があります。

AIロボ
AIロボ

言い換えれば、継続的に長い期間 フッ素過剰摂取しなければ大丈夫だと考えられてます。

フッ素の主な摂取源は水と食事です。水道水やボトル入りの水には地域によってフッ素が含まれている場合がありますので、水道水のフッ素濃度を確認することが重要です。また、フッ素濃度の高い歯磨き粉や口腔洗浄剤を使用することも効果的です。

ただし、フッ素の過剰摂取は健康問題を引き起こす可能性があるため、推奨された摂取量を超えないようにすることが重要です。医師や歯科医に相談して、自身の状況に適したフッ素の摂取量を確認してください。

歯科医師や医療専門家のアドバイスに従い、適切な歯磨き粉やフッ素製品の使用方法を守ることが大切です。

適切なフッ素の摂取量

  1. 幼児(0〜6歳):
    • 歯磨き粉:歯医者の指導のもとで、年齢に適したフッ素濃度(500〜1,000 ppm)の歯磨き粉を使用する。
    • 水道水:フッ素添加の有無や濃度によって異なるため、地域の水道事業者や保健所の情報を参照する。
  2. 子供(7歳以上)および成人:
    • 歯磨き粉:1,000〜1,500 ppmのフッ素濃度の歯磨き粉を使用する。
    • 水道水:フッ素添加の有無や濃度によって異なるため、地域の水道事業者や保健所の情報を参照する。

一般的な摂取量の目安は、以下のようになります:

  • 幼児(0〜3歳):1日あたり0.05〜0.1 mg(50〜100 μg)
  • 子供(4〜8歳):1日あたり0.1〜0.5 mg(100〜500 μg)
  • 子供(9〜13歳):1日あたり1 mg(1,000 μg)
  • 成人:1日あたり1〜4 mg(1,000〜4,000 μg)

これらは一般的な目安であり、個々の状況によって適切な摂取量は異なる場合があります。

歯科医師や医療専門家に相談し、個別のアドバイスを受けることが重要です。

フッ素の危険性についてWHOが見解を出した理由

フッ素は、歯を強くし、むし歯を予防する効果があることから、多くの国で水道水に添加されています。しかし、フッ素は過剰に摂取すると、健康に害を及ぼす可能性があることが指摘されています。

WHOは、2011年にフッ素の危険性について見解を発表しました。

WHOは、フッ素は水道水に添加する際には、安全に摂取できる量に注意する必要があると指摘しました。

また、WHOは、フッ素の摂取量が過剰になると、骨粗鬆症や骨粗鬆症などの健康問題を引き起こす可能性があると警告しました。

WHOの見解を受けて、多くの国では、水道水に添加するフッ素の濃度を下げるなどの対策を講じています。

また、WHOは、フッ素の摂取量を減らすために、フッ素入りの歯磨き粉を使いすぎないようにするなどの注意喚起を行っています。

フッ素の安全性については、現在も議論が続いています。

WHOの見解は、フッ素の過剰摂取が健康に害を及ぼす可能性があることを示しています。

そのため、フッ素の摂取量には注意が必要です。

フッ素のメリットとデメリット

メリット:

  1. 虫歯予防: フッ素は、歯のエナメル質を強化し、酸による歯の溶解を防ぐ効果があります。適切な濃度で使用される場合、フッ素は虫歯の予防に効果的です。
  2. 歯の再石灰化: フッ素は、歯のエナメル質の再石灰化を促進する効果があります。歯の表面の微小な損傷や初期の虫歯の修復に役立ちます。
  3. 公衆衛生の成功事例: フッ素添加の水道水やフッ素入り歯磨き粉の普及により、多くの地域で虫歯の発生率が低下し、公衆衛生の改善に貢献しています。

デメリット:

  1. 過剰摂取のリスク: 高濃度のフッ素の過剰摂取は、歯の変色や歯の損傷、骨の健康問題を引き起こす可能性があります。適切な摂取量を守ることが重要です。
  2. 個別の感受性の差: 人々のフッ素への感受性は個人によって異なります。一部の人々は、通常のフッ素の濃度でも過敏症の症状を引き起こすことがあります。
  3. 自己決定権と個別のニーズ: フッ素添加の水道水やフッ素入り歯磨き粉の使用は、個人の自己決定権を制限することにつながる場合があります。一部の人々は、フッ素の摂取量や代替方法について異なるニーズを持っています。

これらは一般的なメリットとデメリットであり、個々の状況や個人の健康状態によっても異なる場合があります。歯科医師や医療専門家に相談し、個別のアドバイスを受けることが重要です。

まとめ

スウェーデンでのフッ素禁止について取り上げ、フッ素入り歯磨き粉の危険性について考察しました。

  • スウェーデンでは、フッ素添加の水道水を禁止する法律があります。
  • フッ素入り歯磨き粉は、歯の健康に良いとされていますが、過剰摂取は歯の変色や損傷、骨の健康問題を引き起こす可能性があります。
  • スウェーデンの決定は、個人の自己決定権を尊重し、個々のフッ素摂取量の管理を重視しています。
  • フッ素の適切な摂取量や代替方法については、歯科医師や医療専門家の指導を受けることが重要です。

個々の状況や健康状態に応じて、適切な判断とアドバイスを求めることが大切です。

この記事についての意見、疑問、質問などがありましたら、ご自由にコメント欄に投稿して下さい。

※いただいたコメントは全て拝見し真剣に回答させていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました