職場の人間関係を改善するためのメンタルとは?やってはいけないこと3選

仕事
この記事は約6分で読めます。
記事内には、プロモーションが含まれている場合があります。

良好な人間関係をきずくための寛容性と共感

他人の価値観を認める

あなたは、価値観の多様性を認めることができますか?

人は、様々な個性を持ち 価値観も人それぞれです。

あなたと 同じ個性、あなたと同じ価値観を持つ人はいないでしょう。

親・兄弟でさえ 価値観はバラバラなのですから。一卵性双生児でさも 性格や好みは違うそうですから。

同じ職場でも 価値観がバラバラなのは当たり前なのです。

仕事に対する考え方や働き方に対するモチベーションも人それぞれなのです。

他人の価値観を 否定してはいけません

個人の自由を 侵害してはいけません

自分の意見を押し付けてはいけません

他人の価値観を認めない不寛容こそ 争いをうむ原因なのです

他人の価値観を認めない不寛容こそ 争いをうむ原因なのです

あなたは、自分の価値観を否定されたらどう思いますか?

そして、否定した相手をどう思いますか?

職場の人間関係をよくするためには、思いやりと寛大な心が必要です。 

仲間意識

建設現場では、仲間意識が高いことで、多くのメリットが生まれます。

  • 仕事の効率がアップする

仲間意識が高いことで、お互いに助け合うことができ、仕事の効率がアップします。また、困っている人がいたら、すぐに助けに行こうという気持ちが生まれます。

  • コミュニケーションが活発になる

仲間意識が高いことで、お互いに話をしやすくなり、コミュニケーションが活発になります。コミュニケーションが活発になることで、お互いの理解が深まり、仕事の効率がアップします。

  • 問題解決能力が高まる

仲間意識が高いことで、お互いに協力して問題を解決することができます。問題を解決するために、お互いに協力することで、仕事の効率がアップします。

  • 離職率が低くなる

仲間意識が高いことで、職場の士気が高まり、離職率が低くなります。職場の士気が高まると、仕事が楽しくなり、仕事にやりがいを感じることができます。

  • 職場の士気が高まる

仲間意識が高いことで、職場の士気が高まります。職場の士気が高まると、仕事が楽しくなり、仕事にやりがいを感じることができます。

  • 仕事が楽しくなる

仲間意識が高いことで、仕事が楽しくなります。仕事が楽しくなると、仕事の効率がアップし、仕事にやりがいを感じることができます。

仲間意識を高めることでデメリットはありません。

おやじ
おやじ

建設現場の仲間意識向上に飲みにケーションはよくおこなわれますよ。

大型現場では、職長会が中心になって活動することも多いよ。

おやじ
おやじ

仲間意識を持つためには、他人の価値観や行動理念を否定してはいけません。

あなたの価値観を他人から認められたなら うれしくなりませんか?

『雑談』で人間関係をよくするコツ・共感

他人の痛みや苦しみを 本当に理解することはできません。

痛みや苦しみは本人だけのものであって 推測はできても理解し共感することはできません。

体質や耐性、経験値など人それぞれ異なるものだからです。

人は、完全に他人を理解することはできません

仕方ないことなのです。

しかし、理解しようとすることはできます。

相手の立場になりかわって物を考えるのです

もし、理解できたと思えたなら 「わかるなぁ~」と言ってみましょう。

効果は 絶大ですよ。

仲間意識を持つための雑談は、大切な仕事なのです

タイムリーな情報は、打ち合わせの時より雑談中に得られるものなのです。

ベテラン先輩職人や職長から 活きたアドバイスや工夫を聞き出せるのも雑談中です。

そして さりげなく仕事の悩みを相談すると 教えてくれたりしますよ。

雑談のなかで、共通点をみつけて 共感しましょう

親密度があがり 仲間意識があがるのは 間違いありません

おやじ
おやじ

雑談と言う名のコミュニケーションは本当に大切です。

会話のなかで共通点をみつけて共感しましょう

人間関係においてやってはいけないこと3選

①悪口・陰口を言う

 他人の陰口や悪口は共感してはいけません

陰口・悪口は、必ずその人に伝わります。

内容が事実だとしても 共感してはいけません。

これは、大切なポイントなので 忘れないで下さい。

陰口・悪口は、空気を汚します。

そして、あなたの人間としての 徳や信用を失わせます。

それとは反対に、他人の長所や美点、善行をほめましょう

職場の空気が あたたかく綺麗になるでしょう。

人を誉めれば まわりの見本となり 善行がふえ 悪行は影をひそめるでしょう。

善行がふえて 他人との感謝が生まれれば その職場はチームとなるでしょう。

一部でも 価値観の共有ができたなら 信頼関係がうまれます。

②価値観の合わない人と喧嘩する

しかし どうしても合わない⦅価値観の共感ができない⦆人もいます。

それは仕方のないことです。

その時には 挨拶だけはしっかりとして距離をとるしかありません。

敵対しては 絶対だめです

喧嘩してもいいことありませんよ。

喧嘩に勝っても、負けても禍根をのこします。

完璧を求めず 寛容に人と交流しましょう

まわりにいる人たちは、おのおの 能力やモチベーションがちがっても 仲間であることを 忘れないでほしい

 大切なことは、 相手を理解する努力をすることです。

他人の多様性を認めて 思いやりのこころを忘れないことです。

③お金の貸し借りをする

職場でのお金の貸し借りは、トラブルの原因になるため、避けるべきです。

お金の貸し借りをすると、次のトラブルが発生する可能性があります。

  • お金を返してもらえない
  • 返済を催促するのに気を遣う
  • 人間関係が悪化する
  • 職場での居心地が悪くなる
  • 職場の評価が下がる

お金を貸す側も、借りる側も、トラブルに巻き込まれないために、お金の貸し借りは避けるようにしましょう。

おやじ
おやじ

職場に限らず人間関係で一番良くないのが「金銭の貸借」です。

「金の切れ目が、縁の切れ目」という言葉があります。

金銭のせいで友達を失くすことになりかねません。

お金を借りずに生活する金銭感覚をもちましょう。

どうしても、断れない時はお金をあげて縁をきりましょう。

間違っても、借金の保証人にはなってはいけません

まとめ

良好な人間関係をきずくためにすること

  • 他人の価値観を認める
  • 仲間意識を高める。
  • 雑談して、共通点を見つけて共感する。

人間関係においてやってはいけないこと

  • 悪口・陰口を言う
  • 喧嘩する
  • 金銭の貸し借りをする

社会人になれば上下関係も生まれ人間関係で悩むことが増えるでしょう。

過去と他人は変えられない  しかし未来と自分は変えられる

私の好きな言葉です。

自分が変わることで人間関係を良好なものにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました