充電式ゆたんぽのメリットとデメリット!!人気でかわいい湯たんぽ紹介

充電式ゆたんぽ 節電
記事内には、プロモーションが含まれている場合があります。
悩む読者さん
悩む読者さん

話題の充電式のゆたんぽは、従来のゆたんぽと比べてどんなメリットがあるのかしら?

我が家でも普通のお湯のゆたんぽ使ってました。

しかし、低温火傷のおそれと、お湯の管理が手間なので数十年前から使ってません💦

低温火傷の心配がなく、お湯の管理がいらない充電式ゆたんぽとても魅力的です。

リーズナブルなもの、高性能なもの、かわいいもの、色々ありますね。

それに何と言っても、ゆたんぽはコスパ最高の節約アイテムです。

購入して後悔したくないあなた、メリットとデメリットを理解してから購入しませんか?

AIロボ
AIロボ

数年前から出始めた充電式ゆたんぽは、年々進化してます。

とくに、バッテリーの性能がよくなり短時間充電、長時間保温できるようになりました。

充電式ゆたんぽのメリット

お湯を入れる必要がないため、手軽に使える。

従来のお湯を使うタイプのゆたんぽと違い、お湯を沸かす手間やお湯を入れたり捨てる手間がかかりません。

(夏にカビが生える心配もありません)

充電式ゆたんぽは、低温火傷の心配がありません💦

重さも軽く扱いが楽です。

おやじ
おやじ

従来のゆたんぽは、低温火傷の危険性が一番のネックでした。

充電式のため、電気代が安い。

パネルヒーターや着るこたつと比較して電気代は格安です。

電子レンジで温めるタイプのゆたんぽと比較してもそれほど差はありません。

15分の充電で8時間使用(あんか目的)できる物も販売されてます。

1回の充電時間は、15~20分が多い。

1回あたり¥1.5~2.5円しかかかりません。

値段がリーズナブル

従来の湯たんぽ(¥500~1,500円)よりは高額です💦

しかし、着るこたつやパネルヒーター(¥5,000~20,000円)よりはリーズナブルと言えるでしょう。

充電式湯たんぽの相場は、2,000~5,000円です。

5年、冬の間(約120日)使用した場合は1日あたり3〜10円しかかかりません💦

5年間使用したら1年あたり400~1250円です。

温める場所を自分で気楽に選べる。

枕やクッションと同じくらいの大きさが多いので置き場を自在に選べます。

例えば、足元を温めたい時は足元に、お腹が冷えた時は、お腹やひざ上に置きましょう。

ドクターA
ドクターA

女性は、お腹を温めるのに重宝している方が多いです。

しかし、カイロ的に使用すると保温持久力は低下してしまいます。

\女性に人気のゆたんぽ/

自分の好みで選べる

デザインは豊富で、大きさもメーカーにより様々な大きさがあるので自分の好みで選べます。

好みの色、デザインの商品を探してみましょう。

今流行りのマイクロファイバー生地のカバーは、洗濯もできて保温性もよく、肌触りもいいのでおすすめです。

おやじ
おやじ

類似品として電子レンジで保温するゆたんぽがあります。

今でも使っています。7年以上使っているので商品の耐久年数は安心できますね。

おしりに敷いても大丈夫なのも魅力です。

おやじ
おやじ

しかし、高温の持久力はカタログほどもちません💦

高温なのは、2~3時間です。

その時間をすぎると温かい程度です。

高温の持久力が持続すれば無敵アイテムと言えますね。

電子レンジで保温するゆたんぽの中身

電子レンジで保温するゆたぽんのカバー

夜カイロとして使うなら、2時間程度問題ありません。

コスパも安全性も問題なしです!!

あんか目的なら保温力は8時間はもちます。

\我が家愛用、安全性とリーズナブルなのが魅力/

布団に入れておけば、保温持久力は持ちます。

おしりに敷くとかなり体が暖まりますよ。

充電式ゆたんぽのデメリット

お湯を使うゆたんぽに比べ、温かさが持続しない場合がある。

三時間程度では、差はありません。

高額な商品では、温度設定もできます。

メーカー(バッテリーの性能)により持続時間に差があります。

近年のものは、お湯式ゆたんぽとのさはありません。

古いものをメルカリやリサイクルショップで購入すると保温時間が短いものもあります。

電気製品であるため、故障や事故の危険性があります。

電気製品なので寿命はあります。

1年で、充電する場所のカバーが壊れたケースも報告されてます。

1年から5年と差があります💦

商品の保証は、1年が多いので使用ルールは守りましょう。

保温性が落ち始めたら要注意です💦

充電部から煙が出ることもあります。

参考記事は、ここねこリビング

かわいいデザインの湯たんぽ紹介

充電式湯たんぽには、かわいいデザインのものが多数あります。

例えば、動物の形をしたものや、カラフルなものなど様です。

お気に入りのデザインを選ぶと、より愛着が湧くかもしれません。

\アニマルぬいぐるみがかわいい/

\ネコ好きにはたまらない商品/

どこで購入できるか

充電式ゆたんぽは、家電量販店やネット通販などで購入できます。

Amazonや楽天市場などのネット通販では、多くの種類の充電式ゆたんぽを取り扱っています。

また、家電量販店では、実際に商品を手に取って確認することができます。

\売れ筋商品/

おやじ
おやじ

予算がリーズナブルなのでお試しに購入しました。

感想としては、ゆたぽんとの保温維持力に差は感じません。

ゆたぽんより、コンパクトで充電が手軽なところが魅力です。

50㎏以上の負荷はダメなのは少し残念なポイントです。

よくある質問

Q
壊れた時は、一般ごみとして捨てられますか?
A

家電なので、お住いの自治体のルールに従って処理して下さい。

蓄熱液が入っている物は、蓄熱液を出してくださいね💦

Q
従来のゆたんぽと電子レンジで保温するゆたんぽと従来のゆたんぽの差はなんですか?
A

比較表はこちら

従来の
ゆたんぽ
電子レンジで
保温する
ゆたんぽ
充電式の
ゆたんぽ
保温時間8時間以上3~7時間4~12時間
低温火傷の
危険性
耐用年数10年以上1~5年1~6年
管理する手間多い少ない少ない
値段500
~3000
800
~1000
2000
~6000

電気代は、「お湯を沸かす」、「電子レンジで3分」、「充電15分~20分」とそれほど差はありません。

大きさにより保温時間や電気代に差がでます。

まとめ

ゆたんぽを購入予定のあなた。

従来のゆたんぽと充電式ゆたんぽは、電気代や購入費用にそれほどの差はありません💦

低温火傷のリスク、管理の手間を考えれば充電式ゆたんぽ電子レンジで保温するゆたぽんをお勧めします。

かわいいデザインで選ぶなら充電式ゆたんぽ一択です。

4~5年で故障する可能性があることは考慮してください。

充電時間や保温時間が狂いだしたら買い替えの合図だと思ってくださいね。

今年の冬は、あなたに合うゆたんぽ使って寒さを乗り越えましょう。

この記事についての意見や悩み、疑問、質問などがありましたら、ご自由にコメント欄に投稿して下さい。

※いただいたコメントは全て拝見し真剣に回答させていただきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング
人気ブログランキング Amazonでお得に買い物
節電
スポンサーリンク
シェアする
左官屋おやじをフォローする
スポンサーリンク
左官屋おやじのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました